水草水槽の始め方⑥水槽の中身について【水草・レイアウト素材・熱帯魚】



水草水槽の始め方 水槽の中身について【水草・レイアウト素材・熱帯魚】です

  
水草水槽の始め方と題して全6回に分けて書いています

この記事から読まれている方はひとまず

 ①まずは始める前に だけでも最初に読んでいただければと思います。





水草水槽を今から始めたい・まだ始めたばかりという方は

水草やアクア用品の名称が分からない場合もあるとおもいますので

記事内の水草の名前・機材の商品名などに出来るだけリンクを貼っています。

写真の説明で貼っているリンクは出来る限り私が問題なく使用してきたおすすめの物を

リンクしていますが説明のためだけに貼っているものは使用していない場合もありますので

文章の前後を読んで判断していただければと思います(*^-^*)

リンク先はすべてチャームというペット用品の最大手ネット通販サイトです

ほとんどの商品が店頭よりかなり安く購入でき発送も速いのでアクア用品を揃えるのにおすすめです

ずっと利用していますが生体や水草も丁寧な梱包で状態のいいものが届きますので

安心して利用できる通販サイトです。  普通にクリックするでけで別タブで開くようにしています




今回で水草水槽の始め方シリーズ
最後になります

⑥水槽の中身についてのお話です。




水草を大きく分類してみます

私なりに水草を簡単に分類してみます。
我が家の水槽にある水草だけ緑糸のを頭に付けておきますので
後半の我が家の水槽の写真で確認してみてください。


①ソイルに根を下ろす水草

 代表的な水草として有茎草が挙げられます。
 有茎草とは茎をのばして成長する水草の総称です。
 茎の節から葉を出しながら成長していきます。
クリプトコリネエキノドルスのように根元から分かれて葉を伸ばす水草はロゼット状の水草と
 呼ばれています。


②匍匐(ほふく)する水草

 前景草と呼ばれる水草です。ソイルの上を匍匐する(這う)ようにして増えていきます。
 ヘアーグラスショートグロッソスティグマのように横に茎をのばしてから葉をつけることを
 『ランナーを伸ばす』と表現します。代表的な水草としてよく聞く水草でおすすめのものだけ
 書いておきます↓
 ヘアーグラス・ショート ※ショートがおすすめ
 ウォーターローン ※ヤマトヌマエビの食害を受けます
 キューバパールグラス ※硬度が高くないとうまく育ちません。しかし他の水草は高い硬度を
             好みませんのでほぼ単体でレイアウトすることになります。


③石や流木に着生(活着)する水草

 石や流木に着生する水草の多くが陰性と呼ばれる水草です。
 底床に根を下ろさないのでソイルでなくても育成できるものが多く
 肥料もほとんど必要としません。
 代表的なもので言えば以下のものになります
ハイグロフィラ ピンナティフィダ ※有茎草ですが石や流木にがっちり着生する水草です
                 人気がありますが環境になじむまで時間がかかることがあり
                 失敗談も多い水草です。過去記事で育て方を紹介しました。

④モス類

石や流木に巻き付けて使います。
水中でトリミングしてしまうと水槽内の各所で勝手に増えて後々大変なことになります。
人気の高いモスとそれぞれの特徴を簡単に記載します↓

ウィローモス ノーマルのモスとも言われます。簡単に増えるモスです。
        きれい育つとなかなか見ごたえがあります。
        折り重なって増えてもなかなか枯れない丈夫なモスです。

 南米モス  三角の形に葉を展開させるモスです。人気の高いモスですが、増えてくると根元が
       枯れて浮いてくるので、長期維持重視の私はあまり使いません。
       似たような葉で大型のジャイアント南米モスという物もあります。

ウォーターフェザー 見た目がトゲトゲしい葉を展開するモスですが、実際に触ると柔らかい葉で
           フサフサしているという表現がしっくりきます。ヤマトヌマエビにしっかり
           手入れしてもらえば綺麗に増えていきます。我が家でもきれいに成長して
           なかなか見ごたえのある状態になっています。

プレミアムモス 原産地が何か所かあるようですが、どれも成長するとウィローモスのように
         広がらずモコモコになります。成長が遅く希少価値があるためモスの中では
         高値で売られています。
         ノーマルのモスと違って成長が遅いため、じっくりと育てられるので
         長期維持を目的とする場合好んで使われます。
         和名はナミガタスジゴケと言います。
        
 
上記の中には陰性水草と呼ばれるものもあります。
陰性というくらいなので光量をそれほど必要とせずCO2がなくても育つ水草も多くあります。
陰性の水草は成長がゆっくりなので高光量に晒すと葉の表面でコケが増えてしまうことから
光量は少なめがいいと思われがちですが、それは水槽内の調子が上がっていない状態の話です。
前回の記事で書いた管理と維持の方法を実行し水槽内の調子がいい状態であれば
実は高光量、CO2添加があったほうが元気に早く成長します。

浮き草
浮き草は水面で光を遮断してしまうので私はとしては水草水槽にはあまりおすすめしません。

水草の入手先
水草は通販で正規の価格で購入すると結構な金額になります。
育成すれば増えるものなのでオークションメルカリにもよく出ています。
出品者の評価を確認してみて、良ければそちらで購入を検討されてもいいと思います。







レイアウト素材について

レイアウト素材と言えば石と流木の2点ですが、分類していくと多くの種類になります。

まず流木ですが、木の種類と形状に特徴があるのでいくつかに分けてみます。

ブランチウッド 木の根の部分のものが多く、多数の枝状の木が伸びているような流木です。
        60センチ程度の小さめの水槽なら単体でレイアウトができるのでお勧めです。
ホーンウッド  2~3方向に少し太めの枝が伸びているような形状のものが多く
        これもレイアウト水槽にはおすすめです。
マングローブ系 ホームセンターなどでもよく売られている塊に近い形の流木です。
        レイアウト水槽には使用しにくくあまりおすすめではありません。

他にもさまざまな樹種がありますが多いので省略させていただきます(;^ω^)
近くの川や池で流木を拾って使う方がおられますが、もし生木だった場合
水質悪化の原因になりますので気を付けてください。また、海で拾ったもの
塩分が染み込んでいますのでこれもまた水質悪化につながりますのでお勧めしません。


石の種類もかなりたくさんありますが代表的なものを記載します。

風山石 チャーム産のレイアウト素材です。ADAの万天石の廉価版という感じです。
    価格は比較的安価ですが私はレイアウト用の石として気に入っています。

龍王石 水の硬度を上げる作用がありますので、キューバパールグラスと相性がいいようです。
    硬度が高い水質を好む水草はそれほど多くないので、ややレイアウトが限られてきます。
 
溶岩石 レイアウトに使うには少し微妙ですが、水質に影響がないので
    かさ上げに使うのに便利でした。また、モスを張り付けるとよく活着するので
    モスメインのレイアウトなら使いやすいかもしれません。小さく砕いたもの
    水草巻き付け用に使用すると便利です。価格はレイアウト素材の中では安い部類です。



他にもまだまだ種類がありますが省略します。水草を取り扱っているペットショップなら
石も置いていると思います。ほとんどADAから販売されている石だと思いますので
【ADA 石材】で検索していただき、先に写真で確認してイメージしておくことをお勧めします。







水草水槽に向いている熱帯魚

熱帯魚を飼育するだけならその魚にあった飼育方法を実行すればいいのですが
水草水槽ですので向いている種類も限られてきます。

かなりの種類の魚がいますので参考までにチャームの熱帯魚図鑑をご覧ください。

チャーム本店


まずは水草水槽に向いている魚の条件を私なりに挙げてみます。



①弱酸性に適している魚

水草も弱酸性の水が向いています。
ソイルを使用していると水質は勝手に弱酸性になりますし、化粧砂の場合でも
アルカリに近づける作用があるものを使っていなければ自然と弱酸性になります。
グッピー、ブラックモーリーなどの卵胎生(幼魚を生む)の魚は弱酸性より弱アルカリを
好む魚です。他にもコイ系(ラスボラ)の魚も弱アルカリを好むようで、私もいろいろ
飼育してきましたが、これらの熱帯魚は徐々に個体が減っていき最終的にはほとんど
いなくなってしまいました。一方、弱酸性が向いているといわれるカラシン系の魚は
ほとんどの個体が長生きしてくれます。



②ヤマトヌマエビを攻撃しない温和な魚(小さい魚)

ヤマトヌマエビは水草水槽の大敵であるコケを食べてくれるコケ取り隊長です。
ですのでヤマトヌマエビを襲う魚は論外です。
ヤマトヌマエビは大きな魚につつかれると驚いて水面からジャンプして
水槽の外にジャンプしてしまいます。
ラスボラ系の魚は成長すると意外と大きくなりヤマトヌマエビをつつくようになるので
私はあまりお勧めしません。
小型のカラシン系が温和で適しています。



③糞を大量にしない魚(小食の魚)

餌を多く必要とする魚は糞の量も多くなります。
石や流木に巻き付ける陰性の水草の間に糞がたまると根が腐ってしまうことがあります。
私はこれでブセファランドラを溶かしてしまいました。
糞が多い魚とは基本的に体が大きな魚なので↑の①②の条件からも外れると思います。



④底床を掘り返さない魚

ドジョウ系やコリドラスは前景草(匍匐する水草)を掘り返してしまいます。
コリドラスはレイアウト次第で水草水槽にも入れられますが、エサをたくさん与えたほうが
調子がいい魚ですので、エサをあまり入れたくない水草水槽には適しているとはやや言いにくい
お魚です。コリドラスと水草の共存は私も何度も挑戦しましたが、水草が茂っていると
コリドラスに隠れる習性がついてしまい食事にありつけず、いつの間にか
いなくなってしまうことがほとんどでした。
結局別水槽で飼育したところみんな元気に長生きしてくれるようになりました。


結局のところ一言でいうと小型のカラシン系の魚が向いています(;^ω^)
ミクロラスボラ・ハナビなどのコイ系の小型できれいな魚も何度も入れましたが
数か月ですべていなくなってしまいました(;´・ω・)
最終的に上記に当てはまる魚は小型カラシンくらいに絞られてしまいました。
                          ※我が家の場合です。







水草水槽の始め方シリーズ、最後はあっさりとした内容になってしまいました(;^ω^)



最我が家の水槽の写真を載せておきますので↑でを付けた水草を見つけて

イメージを膨らませていただければと思います(*^-^*)

f0345888_23014287.jpg
f0345888_23014593.jpg
f0345888_23014158.jpg
f0345888_23021450.jpg
f0345888_23021458.jpg
f0345888_23021611.jpg
f0345888_23021576.jpg
f0345888_23021654.jpg
f0345888_23014243.jpg
f0345888_23014300.jpg


水草水槽の始め方
⑥水槽の中身について【水草・レイアウト素材・熱帯魚】
以上となります(*^-^*)


ほとんど癒しのアクアライフ流になってしまいました(◎_◎;)

かなり偏った記事になっているような気もします

本当に参考程度にしていただけるだけで満足です(*^。^*)




インスタグラムもしていますので

#水草レイアウト#aquarium#水草#plantedtank#natureaquarium ##水草水槽#癒しのアクアライフ

癒しのアクアライフさん(@kou.aquarium)がシェアした投稿 -



水草を始めるにあたって気になることがあればそちらでご質問いただければお答えします(*^-^*)

お気軽にご連絡下さい(*^。^*)



それでは、水草仲間が増えることを願って終わりにします(*^。^*)









※記事内の商品リンク先はすべてチャームです、別タブで開きます。

ほとんどの商品が店頭よりかなり安く購入できますのでおすすめです。




↓水草ブログ↓
↓ランキング↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

↓↓こちらにも素敵な水草ブログたくさんあります(*^-^*)








**************************


↓の二機種はコスパ最高でとても明るいLED照明です(*^-^*)

水草を育てるならこれが堅いです(*^-^*)











**************************



おまけ
チャーム本店でお買い物をされるときはおまけも忘れずにカートに入れましょう(*'▽')

チャーム本店

↑トップ画面の右上のあたりに【本店限定おまけ】のページがあります(*^-^*)












Commented by aquabox at 2017-11-05 06:08 x
全6回お疲れ様でした^^
楽しく読ませていただいました。
設備にかかる金額ですが、そこまでかからないだろうと計算してみると、
ほぼADAで揃えている我が家は、まだまだかかっているようでした。^^;
しかし、気に入った設備を一度揃えると、買い替えることがないので
維持費のみで長期に楽しめる趣味ですよね^^
Commented by k-i-r-k-r-m at 2017-11-05 08:31
aquaboxさん
全部見ていただけたんですね(^-^) ありがとうございます。良いものを一度揃えれば買い替えないので私も最初だけちょっと頑張って水槽だけでもADAで良かったかなとちょっと思います(^_^;)
アクアリウムがお金がかかると思われてますが最初だけなんですよね。だからこそ売るがわも高くしないと儲けないんでしょうね(^_^;)安いものやよくも悪くもない添加物をたくさん使わせようとしていますね(^_^;)
Commented by グリーンロタラ at 2017-11-05 11:45 x
怒涛の更新お疲れ様でした。
アクアを始める前にて記事にして欲しかった・・・
というぐらい充実した内容でした。

次の更新も楽しみにしてます
Commented by k-i-r-k-r-m at 2017-11-05 15:42
グリーンロタラさん
充実していると感じていただけたなら幸いです(;^ω^)
次の更新は否アクアなのです(;^ω^)
Commented by 38ch! at 2017-11-05 18:36 x
長編連載、お疲れ様です。これは相当な労力だったとお察し致します!間を空けずに連載していただけたので読む側もグッと経験値を上げさせて貰えました(^^)
個人的には⑤のコケ対策が勉強になりました!特に肥料の認識、ついつい調子の良くない時に対策として施肥してしまいがちなもので(^^; コケに持ってかれるってナルホド、スゴく納得です!
色々悩んだらこの記事特集読み返させて頂きます(^^)
Commented by k-i-r-k-r-m at 2017-11-05 18:49
38ch!さん
楽しみながら書けましたがやはり労力はかなりいりました(;^ω^)費用のところはかなり疲れました(◎_◎;)
実は状態をよくするための積極的な方法は何も書いていないんですよね(;^ω^)悪くしないための管理、消極的方法です(;^ω^)放置するという(;^ω^)
いつも何かしたくなって実行したら状況悪くなるというのが私のパターンなので(◎_◎;)偉そうに『放置しましょう!』と書いているだけなんですよね・・・(笑)
Commented by アクアおやじ at 2017-11-05 19:49 x
お疲れ様でした(^^♪
永久保存版の記事ですね。何か困ったら読み帰しますね(^o^)
我が家の水槽ではヤマトはやめました。気付くと居なくなってしまうので・・・
しかし、コケは最近無くなりつつあります。対策はよくわかりませんが、水質の安定なのか換水なのか・・・
生物兵器はサイアミ、オトシン、小型プレコを配備しております。彼らの頑張りなのかもしれません。
Commented by k-i-r-k-r-m at 2017-11-05 21:16
アクアおやじさん
エビって徐々に減っていきますよね(;^ω^)
立ち上げから時間がたっていたり、水草の調子が上がっていたらコケ取り生体がいなくてもコケは得ないですね(*^-^*)
コケで悩んでる方の水槽にはヤマトは強力だと思うのでまず対策としては強調しています(*^-^*)でもやっぱり換水でかね(*^-^*)
by k-i-r-k-r-m | 2017-11-05 00:42 | 水槽のこと | Comments(8)

子沢山パパのアクアな日々の記録


by コウ