水草水槽の始め方④【必要な物とその費用】



水草水槽の始め方 【必要な物とその費用】 です(*^-^*)

  
水草水槽の始め方と題して全6回に分けて書いています

この記事から読まれている方はひとまず

 ①まずは始める前に だけでも最初に読んでいただければと思います





水草水槽を今から始めたい・まだ始めたばかりという方は

水草やアクア用品の名称が分からない場合もあるとおもいますので

記事内の水草の名前・機材の商品名などに出来るだけリンクを貼っています

写真の説明で貼っているリンクは出来る限り私が問題なく使用してきたおすすめの物を

リンクしていますが説明のためだけに貼っているものは使用していない場合もありますので

文章の前後を読んで判断していただければと思います(*^-^*)

リンク先はすべてチャームというペット用品の最大手ネット通販サイトです。

ほとんどの商品が店頭よりかなり安く購入でき発送も速いのでアクア用品を揃えるのにおすすめです

ずっと利用していますが生体や水草も丁寧な梱包で状態のいいものが届きますので

安心して利用できる通販サイトです。  普通にクリックするでけで別タブで開くようにしています。


f0345888_18024688.jpg


それでは、水草水槽の始め方④【必要な物とその費用】を進めます(*^-^*)

まずは留意事項を(*^-^*)


読み進めていただく上での留意事項

必要な物と費用と一言で言いましても、どの機器も値段、質ともにピンキリですので
別の選択肢がある場合は必要機器の横に箇条書きをしていきます。

私の独断で必要な物を書きますが、基本ビンボーアクア寄りなので効果対費用を重視した物
なっております。簡単に言いますとこれ以上ケチると後悔するという事です(;^ω^)
インテリア性重視の良いものを揃えたい方はグレードの高いものに置き換えて計算してみてください
ちなみにADAは通販が禁止されていますので取り扱いのある実店舗でしか購入できません。

好みのものやあってもなくてもいい物は記載しないようにします。

費用の計算方法:チャームのリンクを貼っていき順番にカゴに入れて計算しますが
品目が多く価格も変動するため1つずつの価格の記載は省きますのでご了承願います。
各機材の価格はリンク先でご確認ください。

チャームはセール中の商品以外も価格が多少変動します。
そのためここに書かれている価格は記事作成時(2017/11/3)のものとなります。
価格は約束されたものではありませんのでご理解の上で参考にしていただくようお願いいたします。

パソコンからご覧になられる場合はCtrlキーを押したままリンクをクリックしていただくと
現在開いているている画面はそのままで別タブに商品ページを開くことができますので
必要な物をすべてCtrl+クリックしておいてからカゴに入れていけば、どなたでも簡単に
その時の価格で調べることができます。
その際に商品を好きな機種に入れ替えるなどしていただければ正しい見積もりができると思います。

水槽の中身、底床レイアウト素材水草生体別項目で記載しますが
レイアウトによって全く変わりますので参考程度でお願いいたします。
      ※コケ取り生体は必要項目として記載します





それでは60×30センチ水槽の場合120×45センチ水槽の場合

2パターンで必要な物をあげていきます。

これも必須用品じゃない?というものが有ればコメント欄にて

ご指摘いただけると幸いです。



60×30センチ水草水槽 必要な物と費用

60×30センチ水槽 ※透明度により価格が変わります 
水槽台60㎝用   ※自作も可能、私は自作しました 費用7000円弱でした
水槽用マット60×30    ※水槽に付属している場合がありますのでご確認ください
バックスクリーン65x50cm ※色やタイプがあり、商品ページ左側の項目からお調べください
外部フィルター(濾材付きセット) ※濾過能力重視なら×2台、ストック水槽なら底面フィルターも検討
濾材は↑に含まれています   ※外部フィルターとセットになっている場合は不要です
照明60㎝用×2 ※おすすめのLED照明で計算、2台は必要。メタハラの場合吊り下げ設備も必要
可変式ヒーター  ※150w、ヒーター交換できるもの(サーモ一体型でないもの)が良い 
CO2フルセット ※タイマー付きもあります、ミドボンの場合の費用は別項目で記載

         ↓↓以下は60センチ水槽と120センチ水槽、共通項目

プログラムタイマー ※安い物を数個で管理でも可
電源タップ   ※コンセントが多数必要になります。アマゾンのリンクです
油膜取(エーハイムスキマー) ※なしでも可ですが油膜は手強いので費用に入れておきます
バケツ(15リットル)    ※換水時や濡れたものを入れるために
ピンセット  ※水草を植える時に必要
プロレイザー ※ガラス面のコケ掃除にはコレがおすすめです。アマゾンのリンクです
エサ     ※やりすぎはコケの原因。大食いの魚でなければ餌やりは2~3日に一回
釣り糸1.5号 ※水草の固定に
ビニタイ   ※水草の固定に
ホースクリーナー ※外部フィルターの掃除に

60センチ水槽費用 合計74,295円
※水槽の中身(底床、レイアウト素材、生体、水草)含みません

割と現実的な費用に収まってよかったです(;^ω^)
やはり外部フィルターが価格に響くんですよね(◎_◎;)
超円高の時は今の半値でした(。-`ω-)







120×45センチ水草水槽 必要な物と費用

価格を赤文字で表記しているところは特に高価な物です。
自作できるものグレードを下げることもできるのでご検討ください。


120cm水槽(アマゾン)(\36,400)※通販では高さ45㎝の120cm水槽の取り扱いが現在ほとんど
120cm水槽(チャーム  ないようです。チャームでも現時点(2017年11月3日)では
120cm水槽(チャーム)  在庫ないようです。リンク多数貼っておきますので随時ご確認ください
※別途大型配送料がかかります。購入先によって変わりますが
                 5000円程度予算に上乗せしておく必要があります。

水槽台120㎝用(\21、800)    ※自作も可能、私は自作しました 費用7000円弱でした
水槽用マット120×45   ※水槽に付属している場合がありますのでご確認ください
バックスクリーン125x50cm ※色やタイプがあり、商品ページ左側の項目からお調べください
濾材濾材2種類  ※濾過槽の容量に合わせて
照明120cm用×2 ※おすすめのLED照明で計算。×3台あるといい感じです。理想はメタハラ2台
可変式ヒーター300w×2  ※水槽内の温度差を防ぐためと故障時の対策として2本使用
              ヒーター交換できるもの(サーモ一体型でないもの)が良い 
CO2(ミドボン)(¥27,700)  ※120センチ水槽の場合ミドボン一択だと思いますので(;^ω^)
水流ポンプ東日本用西日本用 ×2   ※水を適度に循環させると水草の成長に良い

      ↓↓以下は60センチ水槽と120センチ水槽、共通です

プログラムタイマー ※安い物を数個で管理でも可
電源タップ   ※コンセントが多数必要になります。アマゾンのリンクです
油膜取(エーハイムスキマー) ※なしでも可ですが油膜は手強いので費用に入れておきます
バケツ(15リットル)    ※換水時や濡れたものを入れるために
ピンセット  ※水草を植える時に必要
プロレイザー ※ガラス面のコケ掃除にはコレがおすすめです。アマゾンのリンクです
エサ     ※やりすぎはコケの原因。大食いの魚でなければ餌やりは2~3日に一回
釣り糸1.5号 ※水草の固定に
ビニタイ   ※水草の固定に
ホースクリーナー ※外部フィルターの掃除に


120センチ水槽費用 合計219,640円+大型配送料
ミドボンの設置費用含まれています
※水槽の中身(底床、レイアウト素材、生体、水草)含みません
CO2機器は120㎝水槽の場合はミドボンで計算しています。


 外部フィルター※エーハイム(東日本用)(西日本用)が1台で約42,000円とかなり高価です。
 テトラの製品2台のほうが効果対費用はいいですね(;^ω^)
 水槽台は自作すれば1万円くらいは浮くと思います(*^-^*)

 ソイルを使用されるなら水中ポンプ式の底面フィルターを見えないようにレイアウトするという
 手段もありかもしれません。
 底面フィルターは超安価なのに濾過能力はすごいですから(๑•̀ㅂ•́)و✧
 しかし、あくまで提案です(;^ω^) 私もやったことはないので、もし実行されるときは
 自己責任でお願いします(;^ω^)
 お金が足りないけどどうしても120㎝にしたいとなっていたら私が底面フィルターで実行していた
 可能性はありました。幸い超円高時代(セールでエーハイム2213が4000円位だった気がします)に
 ちょっとずつ買い足していたのでそれを流用できました(。-`ω-)
 もし底面で120㎝、実行された方おられましたら私に使用感教えて下さい(๑•̀ㅂ•́)و✧
 メルカリで掘り出し物が出てくるのを待つのもいいかもしれません。





ミドボン設置に必要な費用
   ※↑の120㎝水槽の費用にはミドボンの設置費用も含まれています

大型ボンベ用のレギュレーターはチャームでは販売されていませんので
下記の専門店でお買い求めください。
ミドボン、レギュレーター以外はチャームの価格で計算します。
  

ミドボン5キロ【最初¥11,340】 ※酒屋のほうが安いかも。交換は酒屋で3000円程度でした
レギュレーター【\6,000~\10,000】
レギュレーター用パッキン大【¥320】
電磁弁【\4,680】
スピードコントローラー【\1,480】 ※複数水槽に添加の場合は分岐(↓専門店で販売)を使用
チェックバルブ(逆流防止弁)【¥250】 ※←おすすめです。必須品。水が逆流しないもの。
耐圧チューブ 外径6mm×3メートル【¥480】
バブルカウンター【¥450】 ※無くても計測できます
拡散器 バブルカウント付きまたは↓【¥1,250】 ※拡散器で計算
CO2マスターアドバンス※外部フィルターに直接添加する器具 

ミドボン設置費用 合計27,700円~

※合計金額は最安のレギュレーターの場合です。
※レギュレーターに電磁弁が付いているものもあります。
複数の水槽に添加する場合は分岐しているスピードコントローラーを使用
※複数分岐の場合はレギュレーターからの圧が0.4Mpa程度必要
 私は電磁弁の許容範囲内の0.5Mpaにしています。


大型ボンベ(ミドボン)用のレギュレーターを購入できる
有名どころのネットショップを二か所リンクしておきます。










あると便利な物

私自身が持っているもので、あると作業が捗るものをこちらに記載します(*^-^*)
必須ではないので金額の記載は省略させていただきます
お手数ですがリンク先で確認をお願いいたします

プロホース  ※底面付近の掃除に、何か一つは水を抜く道具が必要です
エーハイム コンパクトオン (東日本)(西日本) ※(水中ポンプ)換水時に水槽へ水を入れる
霧吹き    ※注水前に水草を植える場合に乾燥防止のために必要
サテライト  ※生体の水合わせに
エアーポンプ ※サテライト用
クエン酸   ※ガラスのカルシウム汚れ除去に。百均にもあります
キャスター付き30リットルタンク ※水槽近くに水道がない方にはおすすめです
プラ船     ※室内で作業するのに便利、濡れたものを入れるために
タライジャンボ ※リセット時に水槽内のものを避難させる。必須アイテムかも?
水草用ボンド  ※水草の固定に
エタノール   ※ガラス面(外側)の掃除におすすめ
スプレー容器  ※エタノールを入れる容器
ハンディワイパー ※エタノールのふき取りに
外部フィルター専用ホース  ※水中ポンプや外部フィルター増設で何かと必要、適合サイズを使用

肥料について:我が家にも一応ありますが使わないほうがいい状態を維持できていますし
       逆に肥料を添加してコケが生えたり葉が変色するなどの失敗が多く
       私自身肥料を使いこなせていませんので記載しません(;^ω^)








水槽の中身と費用

レイアウト素材や水草については価格がバラバラで算出が難しいため、説明だけになります。


底床【ソイル、砂】
60センチ水槽なら8リットルで足りると思います。
120センチ水槽なら平らにするだけでも8リットル3袋は必要、1袋1500円程度から。
傾斜をつける場合はもっとたくさん必要になります。
底床に直接植えるタイプの水草を使われる場合は水草向きのソイル(土)を使用してください。
砂は石の粒なので栄養がありません。石や木に活着させるタイプの水草がメインの場合は
砂で大丈夫ですが、初心者の方はひとまずどの水草にもほとんど対応できるソイルの使用を
おすすめします。
見えない部分のかさ上げには安価な物を詰め込まないとソイルや砂を使用すると費用がかさみます。


石、流木
ショップ等で直接見てビビッと来たら買い。
流木は一つ1500円程度からありますが大きい物なら5000円ほどかかります
石もいろいろありますが個人的にはチャーム産の風山石が気に入っています。
見えない部分(土台用など)は川で拾ったもので崩れたり溶けなさそうな石でいいと思います。
                                  ※自己責任で(略

水草
前景草(匍匐する水草)はチャーム内の検索で【組織培養】で出てくる商品が量、質ともに◎。
陰性植物(ミクロソリウム、ボルビティス)などはよくヤフオクにも出ています
有茎草もほとんどの場合そちらのほうが安いので水草を買うときはヤフオクやメルカリを
利用されるのもいいかもしれません。その際は出品者の評価をしっかり確認しましょう。

生体
コケ取り生体以外は小型のカラシン系がメイン。
動きが速い魚や体が大きくなる魚(ラスボラ・エスペイでも大きい)はエビを攻撃して
水槽外へジャンプさせてしまうので水草メインで考えると不向きと言えます。
おすすめはグリーンネオンテトラファイアー・テトラど2~3センチの魚
30匹程度まとめ買いすると2000円程度で購入できます。
生体を入れすぎるとコケが増えるので本当に水草メインならコケ取り生体以外は
60センチ水槽で20匹程度、120センチでも50匹程度に抑えたほうが良いでしょう。

夏季や冬に極端に寒くなるような地域の方で生体や水草がダメになることが心配な方は
チャームで注文された方が安心ではあります。
地域や季節に合わせた梱包をして梱包料無料で発送してくれます。※送料は定額以下の場合は発生します。





こうして見てみるとかなりお金がかかるように感じてしまいますね(◎_◎;)

しかし、①の記事、まずは始める前に でも書きました↓↓


一番最初に言いたいアドバイス
アクアリウムを始める時に安物で揃えようとすると結局高くつきます

これをよく理解していただいた方が後悔が少なくすみます(。-`ω-)

アクアリウムはゴルフや車・バイクの趣味と比べれば交通費や燃料代などもかかりません

ゴルフや乗り物は道具や部品も高いですがアクアリウムは最初にお金がかかるだけで※ちゃんと使えるものを買えば

立ち上げ後は水草が増えればオークションに出せますし、いい機材を買っていれば買い替える際も

オークションでいい値段で売ることもできますので出費は少なく済みます

ですのでなおさら最初に良いものをそろえたほうが良いのです

アクアリウムを始める時に安物で揃えようとすると結局高くつく

というのはそういうことです(。-`ω-) 


水草水槽の始め方 ④必要な物とその費用は以上となります(*^-^*)



次回は立ち上がってからの管理と維持【コケ対策】 ですが実は特にネタがないので

短くなると思います(;^ω^)




※記事内の商品リンク先はすべてチャームです、別タブで開きます。

ほとんどの商品が店頭よりかなり安く購入できますのでおすすめです。




↓水草ブログ↓
↓ランキング↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

↓↓こちらにも素敵な水草ブログたくさんあります(*^-^*)








**************************


↓の二機種はコスパ最高でとても明るいLED照明です(*^-^*)

水草を育てるならこれが堅いです(*^-^*)











**************************



おまけ
チャーム本店でお買い物をされるときはおまけも忘れずにカートに入れましょう(*'▽')

チャーム本店

↑トップ画面の右上のあたりに【本店限定おまけ】のページがあります(*^-^*)












Commented by アクアおやじ at 2017-11-03 20:31 x
改めて金額を確認するとゾッとしますね(-"-)
あと光熱費等のランニングコストも掛かりますし・・・(涙)

最近2本の水槽をサイズアップしましたが、メルカリを利用しかなり格安でゲット出来たし不要になった物も出品して流木や水草をポチっています(^^♪
妻にチクリと釘を刺されましたが・・・(笑)
Commented by k-i-r-k-r-m at 2017-11-03 20:38
アクアおやじさん
ぞっとしますよねー(笑)
奥様にこの記事を見られないように気を付けましょう(;^ω^)
私の場合確実にもっと無駄な買い物してますから( ̄ロ ̄lll)
Commented by AD at 2017-11-03 22:39 x
長文記事頑張ってますね(*´ω`*)
最近忙しいから こんな記事書く暇が無いですww
次回が最終なのかな?
最後まで頑張ってね~(*´▽`*)
Commented by フルキ at 2017-11-04 09:17 x
この記事を作るのに、
一体どれほどの労力がつぎ込まれているのでしょうか...
これこそアクアリストたちからお金もらっていいレベルだと思いますww

私も色々アクア用品買ってきましたが、
安いものって結局長くは使えないし、
良いものに買い替えちゃうんですよねー...

あー思い出したくもないあんなものやこんなもの...
でもあれ?振り返ってみるとあれは安くても優秀だったなーと思うあんなものまで...w
Commented by k-i-r-k-r-m at 2017-11-05 01:05
ADさん
やっと書き終わりましたー
かなり疲れました(´;ω;`)

フルキさん
費用を出す記事は10時間はかかりましたΣ( ̄ロ ̄lll)途中寝ぼけながらやってました(;´・ω・)
私も記事書きながら過去のこと思い出して凹みながら執筆していました(;^ω^)
Commented by ヨッシー at 2017-11-06 11:17 x
すごい、凄過ぎます!!
今からアクアを始める方にとっては、超貴重な記事w

でも、私は。。。
敢えて・・・かかった金額は伏せておきたい(笑)

過去にアクアを始めた私にとっては、超耳が痛い記事www

Commented by k-i-r-k-r-m at 2017-11-06 20:11
ヨッシーさん
貴重なんですかね(;^ω^)自分が始める時に知りたかったことを頑張って書きました(*^-^*)
私が安物買いで使った金額もすさまじいですよ(;´・ω・)
この記事を書くこと自体恐怖でした(◎_◎;)
by k-i-r-k-r-m | 2017-11-03 17:50 | 水槽のこと | Comments(7)

子沢山パパのアクアな日々の記録


by コウ